家の中には花粉はもう大丈夫とのんびり考えるのはいけません

干した後の布団や外出した後の服には花粉がくっついていて、家の中でも花粉が空中に飛んでいることは有り得る話です。
目に見えなくても花粉があることが普通ですから、帰宅したら玄関に入る前に念入りに洋服をはたいてから家に上がることを決まりにして、花粉症の症状が出ないよう努力してください。
花粉症の薬を処方されて、ひどくないときは飲むのをやめる人もけっこういます。
花粉が減少しつつあるならちょっとずつ薬の量を調節するのは良いのですが、雨だから良いと思って薬を飲まないと、翌日になってから症状が悪化して苦しみます。
ひどい花粉症を改善するには、大丈夫だと思っても薬を中断せず、規則的な生活を守って、起きる可能性があるつらい症状を助けましょう。
花粉症の一つとして考えられるくしゃみは体が無意識に花粉を追い出そうと頑張っている証拠です。
入ってしまった花粉を外に出すためには、くしゃみによって外に向けて花粉を飛ばしたり、鼻水が溢れ出て涙を出して入ってしまった花粉を洗って流します。
辛い反応でも体にとっては大事なので、症状が出ているのは体を良くする前の状態なだけだと思って耐えましょう。